カーボブロッカーの効果を体験レビュー!本当に痩せた?【炭水化物/糖質カット】

カーボブロッカーは炭水化物の吸収を抑え、痩せやすい状態に導いてくれるダイエットサプリ。

海外製のダイエットサプリでは超定番で、ネットでは「〇〇キロ痩せた!」などの口コミがスゴく多い商品です。

これから試そうと思っている人に知っておいて欲しいのは、どういった効果が見込めるのかということ。評判が良いからといって、何となく買うのはオススメできません。

今回は、カーボブロッカーの効果について詳しくまとめました。成分一つずつの効果を分かりやすく解説しています。

最後には、私が実際に試した体験レビューも書いてるので、リアルな口コミを知りたい人は読んでいってくださいね!

カーボブロッカーの3つのダイエット効果とは?

マキシマムストレングス・3in1・カーボブロッカーのボトル前面

カーボブロッカーの正式名称は、『マキシマムストレングス・3in1・カーボブロッカー』(Maximum Strength 3-in-1 Carb Blocker)。

製造メーカーはアメリカのIrwin Naturals社です。

カーボブロッカーといえば炭水化物の吸収を抑えるサプリというイメージが強いですが、『3-in-1』とあるように3つの効果が期待できます。

1.炭水化物の吸収を抑える

糖質・炭水化物制限ダイエット

カーボブロッカーで一番重要な効果は、炭水化物(糖質)の吸収を抑えること。

主成分である白インゲン豆エキスは、消化酵素に働きかけ炭水化物が体内に吸収さるのを抑える効果があります。100mgで炭水化物800キロカロリー(ご飯5~8杯分)の吸収に働きかけると言われています。

カーボブロッカーには、白インゲン豆エキスが1,000mg(2粒当たり)含まれているので、かなりの効果が期待できそうですね。

2.糖質と脂質の代謝サポート

クロム(クロミウム)は、炭水化物や脂質の代謝を促進する成分。

同様の効果があるとされるシナモンエキスもカーボブロッカーに配合されています。

3.脂質やタンパク質の消化サポート

リパーゼとプロテアーゼは、脂肪やタンパク質の消化をサポートする酵素。酵素ドリンクなどのダイエット商品にもよく含まれています。

カーボブロッカーには、リパーゼとプロテアーゼが20mg(2粒)配合されています。

血糖値の急上昇を抑える効果

スイーツのイラスト(ケーキ・和菓子)

白インゲン豆エキス・クロム・シナモンなどは、炭水化物(糖質)の吸収に働きかける成分。糖尿病患者の血糖値をコントロールするのに有効だという研究報告もいくつかあります。

カーボブロッカーはあくまでダイエットサプリなので、糖尿病患者が治療に使うのは推奨されませんが、血糖値対策のために使っている人もいるようです。

加齢や食習慣などで血糖値が気になる人は、医師に相談の上使ってみてもいいかもしれませんね😁

⇒ 効果について参考になる口コミはこちら

マキシマムストレングス・カーボブロッカーの成分の効果効能

カーボブロッカーの成分表

それでは、ここからはカーボブロッカーに含まれる成分の効果を一つずつ解説していきますね📝

カーボブロッカーには次の7つの成分が含まれています。

白インゲン豆エキス1,000mg・クロム125μg・シナモンエキス100mg・亜麻仁油1050mg・バイオペリンコンプレックス(黒胡椒エキス・ショウガエキス)6mg・リパーゼ20mg・プロテアーゼ20mg(2粒当たりの成分量)

白インゲン豆エキス(ホワイトキドニービーン)

ホワイトキドニービーン(白インゲン豆)

白インゲン豆エキスにはファビノール(商標名:ファセオラミン)という成分が含まれ、消化酵素に働きかけ炭水化物の吸収を抑える効果が期待できます。

その仕組は次のようなもの。

ホワイトキドニービーンのダイエット効果・作用機序

  1. ご飯やパン、パスタなどに含まれる炭水化物は、膵臓(すいぞう)から分泌されるα-アミラーゼによってブドウ糖に分解される。

  2. ブドウ糖が小腸で吸収されるとエネルギーとして利用され、消費されなかった分は脂肪として蓄積される。

  3. 白インゲン豆エキスはα-アミラーゼの働きを抑え、炭水化物がブドウ糖に分解されるのを防ぐ。

  4. 吸収されなかったブドウ糖は体外へ排出される。

つまり、炭水化物がブドウ糖として吸収されるのを防ぐ働きがあるということですね👍

炭水化物が吸収されてからでは白インゲン豆エキスは効果を発揮できないので、カーボブロッカーは食前に飲むよう推奨されています。

イタリアの研究では、白インゲン豆エキスの抽出物を1日445mg、30日間に渡って60名の被験者に摂取してもらいました。その結果、体重が4%、体脂肪が10%減少したと報告されています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17299581

クロム(クロミウム)

必須ミネラルのクロミウム(クロム)

クロムは必須ミネラルの一種で、肉類や魚介類、穀物、ひじき、ナッツなどに多く含まれています。

クロムにはインスリンの作用を高める働きがあり、血糖値の改善やダイエットに役立つと言われています。通常の食生活でクロムが不足することはありませんが、欠乏症になると糖の代謝異常などが起こります。

厚生労働省の『日本人の食事摂取基準』によると、クロムの摂取目安量は1日10μg。カーボブロッカー1回分で125μg摂取できるので、かなりたっぷり含まれています。

白インゲン豆エキスとクロムの組み合わせは相乗効果が期待できるようで、海外のダイエットサプリでよくみかけます。

シナモンエキス

洋菓子や料理の香りづけに使われるシナモン。シナモンに含まれる桂皮アルデヒドという成分には、消化促進や血糖値を改善する働きがあると言われています。

イギリスの大学の研究で、2型糖尿病患者に1日2gのシナモンを12週間摂取してもらったところ、糖化ヘモグロビン(HbA1c)が低下したと報告されています。

これは糖尿病のコントロール状態を評価するための指標で、これが改善したということは糖尿病予防に役立つ可能性が考えられます。

臨床の現場で使われるほどではないと思いますが、シナモンは血糖値を安定させるのに有用なのかもしれませんね。

亜麻仁油

亜麻仁

亜麻仁油(あまにゆ)とは、亜麻という植物の種子から抽出される油のこと。必須脂肪酸であるα-リノレン酸が豊富に含まれます。

α-リノレン酸にはコレステロールや血圧を下げる効果があり、生活習慣病の予防に役立つとされています。

その他、血行改善・美肌・記憶力の改善などの効果もあると言われています。

バイオペリンコンプレックス(黒胡椒・ショウガエキス)

バイオペリン

バイオペリン(BioPerine)はアメリカのサビンサ社が開発した特許成分。カーボブロッカーに使われているバイオペリンには、黒胡椒とショウガエキスが配合されています。

黒胡椒とショウガという組み合わせから分かるように、バイオペリンには血行を促進する作用があります。

新陳代謝を改善し、脂肪燃焼効果が期待できます。

リパーゼ・プロテアーゼ

リパーゼは脂肪、プロテアーゼはタンパク質の分解をする消化酵素。酵素ドリングなどのダイエット商品にも使われることの多い成分です。

カーボブロッカーは主に炭水化物の吸収を抑えるサプリですが、脂肪やタンパク質の消化サポートにも役立ってくれます。

副作用について

カーボブロッカーはサプリメント(健康食品)のため、メーカーによると大きな副作用はないとされています。

ただし、成分にアレルギーのある人、妊娠中や授乳中の女性、18歳未満の人は服用を控えた方が安全です。

消化酵素に働きかける成分が含まれるので、消化器関連の病気がある人は医師に相談してから使用してください。

カーボブロッカーの副作用って危険なの?下痢や便秘になるって本当?

飲み方・摂取目安量

カーボブロッカーの飲み方は1回2錠、1日2回となっています。合計4錠が1日の限度量ということですね。

飲むタイミングは食後でなく食前です。15~30分ほど前に飲むのがいいと思います。

ご飯・パン・パスタといった炭水化物、ケーキなど糖分が多いものを食べる前に飲むようにしてください。

カーボブロッカーの飲むタイミングは食後?効果的な飲み方を徹底検証!

Q&A(よくある質問)

一通り説明が終わったところで、カーボブロッカーの疑問点について私なりに回答してみますね😉

サプリだけで痩せることが可能?

カーボブロッカーは痩せるのに役立ちますが、あくまで『ダイエット補助食品』に分類されるもの。ゼニカルなどの肥満治療薬と比べると、効果は分かりにくいかもしれません。

炭水化物の吸収をブロックするのが主な効果なので、”痩せる”というよりは”太りにくくする”サプリだと思います。

より効果的に痩せたい場合は、有酸素運動や筋トレも一緒に行うのがオススメです。運動が苦手な場合、ゼニカルやオルリファストなどの医薬品との併用も効果的だと思います。

カーボブロッカーとオルリファスト(ゼニカル)で最強の効果!?併用方法とは?

カーボブロッカーとゼニカル(オルリスタット)

便秘解消・便通改善に役立つ?

カーボブロッカーには便通改善に役立つ成分は特に含まれていません。

ただ、白インゲン豆・クロム・亜麻仁油などを大量に摂取すると下痢になることがあります。

メーカーの摂取目安量なら下痢になる人は少ないはずですが、人によってはお腹が緩くなったり、便秘解消に役立つと感じる人がいるかもしれません。

ネットの口コミでは、便通が良くなったとの報告もけっこうあります。

糖尿病予防に有効?

炭水化物(糖質)の吸収をブロックするということは、血糖値が急上昇するのを抑えることにもなります。

実際に、白インゲン豆エキスやクロムは糖尿病予防に有効との研究報告もされています。

だからといって、サプリだけで糖尿病対策をするのはちょっとどうかと思います。健康に関わる重要なことなので、信頼できる医師に相談した方が安全です。

サプリだけで病気の治療や予防をするのは、個人的にあまりオススメではありません。

過食症でも使って大丈夫?

カーボブロッカーは食事制限が苦手な人に向いているサプリ。過食気味の人や過食症の人に適していると思います。

ただ、メンタル面から過食症になる人が多いようなので、サプリで一時的に対処するよりは専門医に相談した方がいいでしょう。

「ついつい食べすぎてしまう…」という程度の人にカーボブロッカーは向いている商品です。

カーボブロッカーの効果を体験レビュー!本当に痩せた?

最後に、カーボブロッカーの効果について私のレビューを書いておきますね📝

といっても私は数年間カーボブロッカーを使っているので、最初に使った時の話になります。

私はいつもオオサカ堂というサイトでカーボブロッカーを購入。

海外サプリだけでなく、ゼニカルやオルリファストなどの肥満治療薬も買えるので、アカウントをつくっておくとスゴく便利です😊

オオサカ堂のカーボブロッカーは海外直送で、ヤマト便なら3~5日ほどで自宅に到着します。

マキシマムストレングス・3in1・カーボブロッカーのボトルとタブレット(カプセル)

飲みやすさについて

カーボブロッカーは『リキッドジェル』タイプのサプリ。カプセル内に液体が入っていて、体内への吸収速度が早いとされています。

カーボブロッカーのタブレット(カプセル)

カプセルは少し大きめで、最初は飲みにくいと感じる人もいると思います。多めの水だと飲みやすく、私は1週間ほどで慣れました。

匂いも最初は苦手でしたが、今では特に気になりません😉

ダイエット効果はあった?

私は1回2粒を食前15~30分ほど前に飲んでいます。

最初試した時は、昼食と夕食前の1日2回服用。これを2ヶ月間毎日続けました。

その結果、2.2キロの減量に成功しました!

他の炭水化物ブロック系サプリでも効果はったのですが、カーボブロッカーが一番体重が減りやすかったです。

運動や筋トレをほとんどしてなかったので、かなり楽に痩せれました。

今は毎日飲むのではなく、炭水化物が多めの食事の時だけカーボブロッカーを使っています。これを飲むと安心感がありますし、いっぱい食べても太りにくいです🤗

カプセルが大きいことに目をつむれば、この手のダイエットサプリでは一番優秀だと思います。炭水化物や甘いものが好きな人には、ぜひ一度試して欲しい商品ですね👍

⇒ 私が購入している格安サイトはこちら

まとめ

  • カーボブロッカーは炭水化物(糖質)の吸収を抑えるサプリ
  • 脂質やタンパク質の消化をサポートする効果も期待
  • 白インゲン豆エキスやクロムなど7つの成分が豊富に配合
  • 私はカーボブロッカーを飲んでダイエット効果を実感できました
  • 炭水化物や甘いものが好きな人にオススメです!